かに通販, 注意点, 失敗

産地と水揚げ時期を確認すること

冬の味覚としてかにを購入される方もたくさんいらっしゃると思いますが、特に通信販売で購入したかには品質を実際に自分の目で確かめられない場合が多く、鮮度の落ちたかにや身が詰まっていないかにを受け取ってしまうケースもしばしばあります。通信販売でかにを注文する際の注意点はさまざまですが、まず一つはかにの産地や水揚げ時期などの詳細を確認することです。かにの詳細情報が表記されていない業者への注文は避けたほうが無難です。

 

かにの水揚げ時期は地域によって異なります。北海道で獲れるかにの旬は真冬ですが、山陰地方で獲れる松葉ガニなどは11月上旬からすでに漁が解禁されています。ですので、数ヶ月前に水揚げされた冷凍のかにを真冬に販売するケースもあり、こうしたかにはもちろん鮮度が落ちており、身も詰まっていません。産地と水揚げ時期を確認し、新鮮なかにを選びましょう。

「訳あり」は要注意

かにの通販では「訳あり」商品が多数販売されています。「訳あり」とは傷が付いてしまっていたり、足が折れてしまっているかになどですがこうしたかには業務用や汁物などに使うことが多いです。しかし、「訳あり」のかにの中には1年以上前の冷凍かにが混じっていることもあります

 

食べて健康を損ねることはもちろん無いですが、極端に鮮度の落ちたかには中身がスカスカだったり、冷凍のし過ぎで水っぽかったりします。せっかくめったに食べないかにをわざわざ通販で注文するのですから、やはり品質を第一に考えたかにを選ぶべきでしょう。もし値段などに惹かれて「訳あり」を検討する際には、実際に業者に「訳あり」の内訳を聞いてみるべきです。