タラバガニ 取り寄せ

食べ応えで選ぶならタラバガニ

タラバガニは太い足とがっしりとした大きな甲羅が特徴で、その食べ応えのある風貌から「カニの王様」とも呼ばれています。その味はプリプリとした弾力のある身と濃厚な甘みが特徴で、香ばしさが出る焼きガニなどのシンプルな食べ方が最も美味しいでしょう。

 

タラバガニ

また、タラバガニはボリュームのあるかにですので、軽く茹でた身を炒め物や茶碗蒸しに入れるとジューシーで豪華なレシピになります。

 

タラバガニはボイルしてあるものでも十分美味しいですが、最近は大型スーパーやカニ通販などでも新鮮な生のタラバガニが丸々売っていますので、丸ごとじっくり焼きガニにするのもいいでしょう。

 

香ばしい磯の香りとジューシーな甘みはやはり新鮮な生かにが一番です。

タラバガニとよく似たアブラガニとの見分け方

タラバガニは日本海沿岸やオホーツク海などで水揚げされ、旬は11月上旬頃から2月下旬頃までです。最近は国内産のタラバガニの漁獲量が減少しており、ロシア産やカナダ産のものが多いですが、やはりオホーツク海で獲れた北海道産のタラバガニは甘みが強く身が詰まって美味しいです。

 

市場ではタラバガニに非常によく似たアブラガニという種類のかにが出回っており、味もよく似ているため、タラバガニと偽って売られることもしばしばあるそうです。アブラガニとタラバガニの見分け方は、甲羅の真ん中のトゲの本数を数える方法で、アブラガニは4本、タラバガニは6本となっています。新鮮なタラバガニの見分けるポイントは甲羅の硬さで、甲羅の硬いものが身がしっかりと詰まっていると言われています。