ズワイガニ 取り寄せ

ズワイガニの特徴

ズワイガニ

ズワイガニは日本海沿岸の東北や鳥取県などが主な産地であり、山陰地方では「松葉ガニ」、福井県では「越前ガニ」と呼ばれています。ズワイガニの語源は細い木の枝を表す「楚(すわえ)」が訛ったものであり、トゲの無い、細長くしっかりとした足が特徴です。市場には海外産の輸入物も多く出回っていますが、日本海沿岸で水揚げされる国内産の方が甘みが強く、身が柔らかいと言われています。

 

ズワイガニの旬は11月上旬頃から3月下旬頃までであり、年末年始には毎年多くのかにファンが市場に詰めかけます。新鮮なズワイガニの見分け方は、重さを手にとってみることです。ずっしりとした重いものは身がしっかりとしており、カニミソもたくさん入っています。身の締まったカニを食べたいものです。

繊細で柔らかな身は鍋物やしゃぶしゃぶに最適

カニはその種類によって味や身の口当たりが異なります。ズワイガニはタラバガニや毛ガニのようなぎっしりと詰まった食べ応えのある身ではありませんが、繊細で上品な口当たりと甘みが特徴で、「カニの女王」と言われています。ズワイガニは火を通しても柔らかいので、塩茹でなどのシンプルな食べ方はもちろん、鍋物やしゃぶしゃぶ、かにすきなどに最適です。

 

ポン酢とゆず胡椒でいただくのも美味しいですが、しゃぶしゃぶはごまだれもよく合います。また、ズワイガニのカニミソはキメが細かくまったりとした口当たりが特徴ですので、そのまま日本酒や焼酎のおつまみにしても美味しいですし、かに鍋のシメの雑炊に入れると風味が出て最高です。